スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

Appleを装った詐欺メールに注意!

Apple IDを狙うフィッシングメール

調べてみると、このアップルIDの乗っ取りを目的としたフィッシングサイトは2011年頃から流行しているようです。以前は英文のみでしたが、最近では多言語に対応し日本語版もあります。Apple製品をお使いの方は特に注意が必要です。また、このメールはApple製品を持っていない人にも送られています。リンク先も公式ページに似せて作成されていますので、見分けが付けづらく思わずクリックしてしまうということも考えられます。十分に注意してください。

私の場合はVプリカに設定してある「ニックネーム」で送られてきました。Vプリカ利用先で情報が漏れた可能性あり!!

対策

不審なメール・心当たりのないメールは開かない
・不審なメールは開かないのが一番です。
・個人情報など変更した記憶が無ければ無視しましょう。
・フィッシングメールは大手サービス名を装っています。利用していなければ即削除しましょう。

差出人、差出人のEメールアドレスを調べる
・メールを開く前に差出人情報を検索してみる。

メールに記載のURLを開かない
・メール内のリンクは安易に開かないようにしましょう。
・開く際には、そのURLを確認するか、調べてみましょう。

詐欺メール内容

件名: 「Apple ID についての重要なお知らせ。」
差出人: appleid@id.apple.com



件名: 「Apple Store よりご注文に関する重要なお知らせ W210456122」
差出人: do_not_reply@apple.com




巧妙で悪質なメールですので、騙されないように気をつけてください!

>> Apple ID詐取を目的とした「フィッシングサイト構築キット」を確認 | トレンドマイクロ セキュリティブログ
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。