スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

WM Keeper Lightの登録方法

WM Keeper Light(ウェブマネーキーパーライト)

WMキーパーライトは、インターネットブラウザを介してウェブマネーシステムに接続し、ソフトウェアの追加は必要ありません。

WMキーパーライトを使用してアカウント登録するには2つのオプションがあります。

1. 個人証明書を取得することにより、アカウントを開きます。
Personal certificate(個人証明書)
・個人証明書のインストールは、WMキーパーライト、登録プロセスの一部であり、任意のブラウザで完了することができます。

2. E-numシステムを使用。
E-num
・E-numは、高度な情報セキュリティを確保する最新の認証システムです。
E-num Usage(E-numを使用)

WMキーパーライトを使用して直接接続するには、3つの異なる経路または方法を使用することが可能です。

1. 個人証明書を使用して、IDの検証と方向接続。
2. e-numシステムを介して認可で接続。
3. 直接接続は、プライベートパスワードを使用してオンラインにログイン。


簡単に説明しますと「WebMoney」に登録後、初期状態の管理モードは「キーパーMini」でパスポートは「Alias Passport」です。WMキーパーライトの登録は、まずパスポートを「Formal Passport」にする必要があります。

「Formal Passport」になったら接続方式によって登録方法が異なります。E-num経由でなら「E-numの登録」、E-numを使用しない場合は「デジタル証明書」(ブラウザごとに異なる)をインストールします。

そして既存のキーパーMiniにキーパーライトを追加する(WMIDアカウントは変わらない)、または再登録手続きをしてキーパーライトを追加する(新しいWMIDアカウントが発行される)。となります。


WMキーパーライトの登録


WMキーパーライトは、すでにウェブマネーシステムにおけるWMID(アカウント)を持っているユーザが登録することができます。

WebMoney
Registration(WebMoney登録方法)

WMキーパーミニからWMキーパーライトに変更するには、メンバーが検証された電話番号と電子メールアドレスを持つフォーマルパスポートを取得する必要があります。

登録初期は「Alias Passport」です。
個人情報を登録すると「Formal Passport」になります。「Passport」へログインして個人情報を登録して下さい。

Passports

WMキーパーライトの登録には2つの方法があります。

1. 既存のキーパーミニにキーパーライトを追加。WMID(アカウント)は同じ。
2. 再登録をする。キーパーライトの新しいWMID(アカウント)が作成される。

WMキーパーMiniのユーザーは、​​自分の財布を管理するための主要なツールとして、WMキーパーライトを設定することができます。財布やユーザのWMIDは同じままになります。

WMキーパーMiniにWMキーパーライトを追加する方法
How to add WM Keeper Light to WM Keeper Mini

既存キーパーミニにWMキーパーライトの追加は、次の3つのステップで実行されます。

1. 動作モードの変更。
2. 個人証明書を要求。
3. WMキーパーライト個人証明書を取得する。

WMキーパーライト(新WMIDとWMのパスポートとの関連付けの作成と一緒に)を介して管理することができる新しい財布を作成するには、再登録の手続きを完了する必要があります。

新しいWM Keeperを登録する方法
Additional registration(追加登録)

E-numを経由して、WMキーパーライトへ登録

E-num経由でWMキーパーライトに登録
Registration with WM Keeper Light via E-num

E-numシステムの登録

E-num Usage
関連記事
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。